2014年09月05日

木製ストックを育てる!!その2



前回日記より、トンプソンの木製ストックを屋外にほおっておいて、日焼けというか、色味に変化をもたらそうじゃないかと思いつきました。

結果は、8月いっぱい排気ガスと日光に晒されたストックの色味に変化が殆どありませんでした。




うん、


変化無しだよ、殆ど。

排ガスによって表面に細かい汚れが積もった程度でしたよ。まったく。

それを指でなぞり、んまぁ、汚らしい!なんて思ったのもつかの間、足りない成分を見つけてしまいました!

訓練や、戦闘を幾度もくぐり抜けたベテランストック様のように黒グロと歴戦の色味を出すには!!

血と涙と汗!!

と、そのたもろもろ(土とかな、


そりゃ、ただ日焼けサロンに行っただけじゃ強く逞しくあの風貌にはなれませんわ。

やっぱり、1日外でバリバリサバゲして泥んこになって、続けてけばきっとうちのストックもいつか!!

(オイルも重要だけどね!)


それでも、毎日サバゲできませんので、こうしてばっちい手ですりすり、さすさすと撫でくりまわしてドーピングです。


はい!( ´ ▽ ` )結局成果があがなかった報告でした!




 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。